mirayeeh!:音と歌詞

見たもの、聞いたもの、考えたこと。音楽の話。

chara新アルバムsympathyレビューと感想1(大塚製薬ファイブミニCM曲)

Sympathy(初回生産限定盤)

charaのニューアルバム、待ってました。

昔から好き、(10代の頃から)っていうアーティストのアルバムだと「もう最高です!!」で済ませて聴いていたいところなんだけど、それだけじゃ読んでくれる人に申し訳ないので、レビュー(感想)と曲紹介します。

感想としては、この人は昔から愛の歌を歌っていて、歌い方はウィスパーだけど、ソウルシンガーなんじゃないかと思っていたんですけど、そこは変わらないと思います。

「永遠と愛する」って 口にするのは はがゆいけど

愛には正直な方が可愛い

 


スピッツ草野マサムネが永遠の少年だとしたら、chara永遠の少女、なんじゃないでしょうか(あえて年齢は調べない)


だから、若い女の子が聴いても共感できると思います。

そして、歌も曲も可愛い。


サウンドは、今回はエレクトロニック多めなんですけど、キラキラポンポンして可愛いです。

コーネリアスConstellations Of Musicに感じるキラキラに、女の子らしい可愛らしさをプラスしたような感じ。

(曲はConstellations Of Musicの方がキラキラしてて音のレイヤー、置き方の技術の違いは感じるんですが、charaにそれは求めてないので)

歌詞も、若い頃に書いてたのは、良くいえば一途、よく考えると、重い女、って思われそうな歌詞もあったんですけど、

Sympathyはアルバムが全体的に軽やかで愛らしいです。

 

テーマはたぶんですけど、結構重くて、だからそれをいろんな曲に分散させて、重くなりそうな歌詞をあえて軽く聴こえるように仕上げてる感じがします。


作曲に、くるり岸田繁水曜日のカンパネラケンモチヒデフミなんかが参加しています。

ラップの掛け合いなんかもありますね。そこはcharaっぽくアレンジして。

 

くるり岸田繁が作曲してるのが1曲目のTinyDancer

Tiny Dancer

Tiny Dancer

 

www.youtube.com

アコースティックギター+弦楽器、トライアングル、色々な水の音のサンプリング、コーラス、全て気持ち良く聴けます。歌詞は失恋ぽいです。

 傷つく事を 曖昧にして

全て残さず踊りきったダンサーみたいに

あなたは想い出にしていくの

 

踊って全て心まで使い果たしたいって言ってた人、他にもいたな・・・ (恋愛で、じゃないけど)

 

でも、

 愛した事は真実

なんです。

だからこのアルバムは曲が明るくてポップな割に、割と重めなことを歌ってると思います。

 

Stars☆☆☆

Stars☆☆☆

 この歌詞が入ってるのがこの曲です。

「永遠と愛する」って 口にするのは はがゆいけど

愛には正直な方が可愛い

最初聞いた時英語かと思っちゃった。歌い方が英語っぽくて、歌詞みたら日本語でした、っていうやつです。

 

ここが好き。charaらしい。

よく笑い 嘘を嫌い いつも歌い 

風と太陽みたいに 小さな手から 星空に続くはしごを繋げようよ 

 あとここも。

私が何のプリンセスかは知らないけど 起こしてね 寝るよ?

ちょっとchara何言ってるの。(笑)

 

Sympathy

Sympathy

ブーツの靴ひもが、charaがジャケット画像でかぶってるネットの紐と同じです。

(お花の茎)


Chara 『Sympathy』Music Video

この曲は先行配信で出てたはず。

MVがありました。(この衣装は暑そう)

 


ファイブミニCM|「恋よりセンイ。」篇 60秒

大塚製薬ファイブミニのCM。そう、CMやってるのに気づかなかった・・広瀬すず可愛いね。

charaは声聴いたらすぐcharaってわかります。

Naked & Sweet

で最初の曲と声聴き比べたけど、同じ。

男の人は結構年齢でキー下がるけど、女性はそういうことないのかな。

この曲はCM用に書き下ろしたみたいだけど、このアルバム、割とコンセプチュアルだと思うのですが、アルバムの中に入っても違和感がないんです。すごい。

アルバムの曲タイトルがsym-で始まる名前と、 語尾がー(t)hyで終わるのが多いですね。

 

キャッチーでcharaっぽいな、と思うけど、このアルバムの中では個人的には好きな曲は他にあります。

 

Mellow pink

Mellow pink

 この曲はほんとキラキラして可愛い。charaの声もエフェクトかけて、ボーカルというより楽器の一部。

 

スピッツのヘビーメロウ、コーネリアスmellow yellow feel(Mellow Waves)、チャラの mellow pinkとここ数ヶ月のmellow続きは何でしょう。

 

コーネリアスはイエローでcharaはピンク。

で、どっちも失った愛がテーマ、っていうところがシンクロしてるみたいなんだけど、そこで失った愛をどうしたいか、っていうことは、双方で違うみたいです。

 

Funk

Funk

 タイトルはFunkだけど、曲は全くファンクって感じではないです。宇宙っぽい。

リズム感は割とそうかもしれないので、ウィスパーでファンク歌ってる感じかな。シンセサイザーの音が全面に出てて、それとcharaの声が溶け合ってる感じです。

声が溶けてるので、歌詞を聞き取るのはほぼ不可能。

 

あ、歌詞は全部英語です。で、読んでみようと思ったらかなりスラング多いのにブロークンっていう不思議な英語。なのでFunkをどういう意味で使ってるのかが微妙だったり、ちょっと何が言いたいのかわからないのですがただ、ここにはストレートな気持ちが書かれてることだけはわかるのと、人物が特定できちゃう。

作詞がHIMIってクレジットされてるんですが、息子さん?

自分の気持ちだとしたら、パパなしで生きて行きたい

ママの気持ちだとしたら、あなたなしで生きていきたい

 

だからコーネリアス

Mellow Wavesと、そういうところも似ている。

 

どうしたら終われるの(終われない)って言ってるのも同じ。

でもバイバイ、って言ってる。

 

世界観としてはシャ乱Qの「ズルい女」をイメージしてもらうとわかりやすいかも。

その男女逆バージョン

<バイバイありがとうさようなら愛しい恋人よ>

ズルい女

ズルい女

 でも子供がいるからもっと重いね。

 

あと、エンターテイナーは孤独、とも言ってますね。

平井堅のこの曲と同じ。 

charaは嘘は嫌いって言ってるから、fake starではないけど)

fake star

fake star

  • 平井 堅
  • J-Pop
  • ¥250

Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ 2

 

piria.hatenablog.com

 

 

Love pop

Love pop

 この曲で好きな歌詞はここかな

臆病になっちゃいけない 純粋なままでいたいんだ

目は口ほどに言って 涙目でお手上げだ


嘘に慣れて 心が荒んでしまわないでね

鏡を見てその顔は 内側の外側さ

 

ここで折り返しです。

 

Sympathy(初回生産限定盤)

Sympathy(初回生産限定盤)