mirayeeh!:音と歌詞

見たもの、聞いたもの、考えたこと。音楽の話。

mrs.GreenAppleのWanted!Wanted!を歌詞ありで聴いてみた(僕たちがやりました主題歌)/学校に行かない選択

WanteD! WanteD!(初回限定盤)(DVD付)

Mrs.Green AppleWanteD! WanteD!

この曲は「僕たちがやりました」っていうドラマの主題歌です。

ドラマの方は、窪田正孝主演で高校生が逃げる話。

(1回目見て、見るのやめちゃったのでざっくりした説明ですみません。)

試聴した時ちょっと転調したところが気になっていたので、フルで聴きました。

 

そして感想。・・・ブレないねー。

 

piria.hatenablog.com

 

作詞作曲しているのが大森元貴くんという20歳の男の子なのですが、まだ若いのに、老成しているというか、達観しているというか、人生何回目ですか? 中に入ってるのおじいちゃんじゃないんですか?っていう感じの歌詞を高校生の時から書いています。

 

でも曲はロックだし、感性は若いし(大人もディスってくれるし)で、常識がひっくり返る。

歌も歌えて、それも色々な歌い方ができるし、歌詞だけかと思ったら曲も作ってる。

 

高校生でメジャーデビューしているのですが、この子の場合「天才」っていう売り方をしていないと思います。(わたしが知る限り)

 

でも、どっちかっていうと「天才」っていう肩書きが似合う気がするなあ。

努力の人であるのもわかったけど。(後述)

WanteD! WanteD!

WanteD! WanteD!

これはどういう歌かっていうと、

WANTED! WANTED!

僕らは逃げている

WANTED! WANTED!

妬む心から

あの子は馬鹿で

スラスラ生きれている

「月が綺麗だ」

幸せの形を

これは2番の歌詞。 ドラマの世界観(まずいことやってしまって物理的に逃げてる)と絡めて、心理的に逃げていることに話題を変えて、本来伝えたいことを歌にしているようです。

(1番の歌詞はもうちょっとドラマ寄り、というかこの曲はどこからどこまで1番かよくわからない・・・)

 

ここは2つに切ったほうがよさそう。

意味不明っぽい後半を解説します。

 

「月が綺麗だ」幸せの形を

この「月が奇麗だ」は、かぎかっこで括ってるから、夏目漱石の引用かなと思うんです。

夏目漱石が「 I Love You 」を日本語に訳す時に「月が奇麗ですね」って訳したっていう話。

だからここの「月が綺麗だ」は「  I Love You 」に変換すると意味がわかりやすいかなと思います。

 

それで、大森元貴という彼は相当賢い人なんだろうな、と思うのですが、勉強は嫌いらしいんです。

とにかく音楽をやる、ということは早く決めていて、 学校もあんまり行かなかった。高校は通信制

その割に「庶幾」とか勉強が嫌いっていう子が出会わないであろう難解な言葉を、意味をわかって使っているし、

(わたしなんかこの子たちの歌聴くまで読み方もわからなかった)今回みたいな「月が奇麗」ていう夏目漱石の引用したり、無常をうたったり「愛」に気づこう、とか歌うし、謎が多すぎるなあって思って、ちょうど2万字インタビューが出たので読んだのですが、履歴書的なことはなんとなくわかったのですが、わたしが感じた謎は解けませんでした。

2万字もあったらもうちょっと突っ込んだこと聞けそうなのにね。なんかもったいない。

 

ただ、学校に行かなくなった、というより、行けなくなったらしくて、それは学校に行けなくなったのか、音楽やるって決めたから学校に行かなくなったのかは今考えるとよくわからない。

っていう話をしていて、学校に行けなくなっちゃった子は、何か学校と関係ないところでを何か好きなことを追求してみるのはいいなって思いました。

 

学校に行かないといけない時期は「学校が全ての世界」って思って追いつめられちゃうことがあるけど、そうじゃないからね。人生80年くらいあるし。学校に行く時間なんて、その中のほんの数年のことだし。

(そういえば星野源も学校行けなくなっちゃったんだっけ)

 

ただ、この子の場合は自分に一番合ってるのは音楽、それに学校は必要ないって気づくのがものすごく早いし、だから学校っていう選択肢を意識的に切り捨てもするし、家族やまわりも納得させる、というところがまたちょっと特殊能力、っていう感じはするんだけど・・・。 

  

I don't wanna do... 愛の罠よ

まぁ I don’t care

ここ先に歌詞見ちゃったからそう聞こえちゃうけど、<愛の罠よ>のところは見なかったら英語に空耳できそう。

するとしたらI  don't wanna you辺りかなあ。

こういう言葉遊びもあります。

 

何かのせいにして

遊べるのは今だけなんだ

焦らなくていい?

少しずつ気づいてゆけばいい?

サビはシャウトしてるけど、ここは突然歌い方を変えてきます。

音もここだけ楽器が抑えめになってテンポも変わって、ドラムはそのまま、鐘の音と、鈴?鉄琴?が入ったりして、おもちゃの兵隊が行進しているみたいな感じ。

1番にこういう歌い方をしてるところはないです。

 

 

 

結びの歌詞がこうです。

WANTED! WANTED!

僕らは生きている

WANTED! WANTED!

間違いながらも

逃げるのに慣れて

【愛】に気づけなくなっている

いつか綺麗な

大人になれるかな

 彼ら一貫して「愛に気づけ」って歌っているんですが

(ここでも【愛】って強いかっこで括ってるし)

 

<いつか綺麗な大人になれるかな>っていうところは

「月が奇麗ですね」=「 I Love You」

って脳内変換すると、ここは、いつか愛に気づける大人になれるかな、っていう感じになりそう。

 

・・・夏目漱石の訳した「 I Love You」の「愛」とミセスグリーンアップルがここで言いたい「愛」は厳密にいうと意味合いが違うかもしれないけど、愛は愛なので、こまかいことは気にしない。

 

序盤、中盤は結構毒を吐いていますが、最後はこんな感じできれいに終わります。

 

それに、<「月が奇麗だ」>ってフレーズを序盤に出しておいて、最後に<いつか奇麗な大人になれるかな>っていうふうに回収しています。

 

うまい。

 

sumikaのsummer vacationでも<温いアイスティー>を最後に<温いくらいの温度で僕らは>って人間関係に置き換えてるんですが、これって一種のテクニックなのかな。

 

piria.hatenablog.com

 

 

ボーカルレッスンには通ったらしいのですが、作詞レッスンとかもあるのでしょうか。

 

WanteD! WanteD!

WanteD! WanteD!

 

シングルに3曲入っていて、もう1曲もタイアップで、そっちもハイテンションなロックです。

 

On My MiND

On My MiND

 

ハイテンションな曲が2曲続くのですが、最後の3曲目に「光のうた」っていう穏やかでやさしい曲が入っています。

 

光のうた

光のうた

 

3曲目は音も歌も癒し系なので、テンション高ーって思っても3曲目でクールダウンできる感じでした。

 

 

保存保存保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存